vol.24 未知の扉を開く

人生で初めてやったことのないことにチャレンジするときって、まるで未知の扉を開くような感覚で、妙にドキドキしながら足がすくむものです。しかし、思いきって扉を開いてみると……。今回はそんなお話。10代の頃の大輔と七沖は、一体どんな扉を開いたのでしょうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です